×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Google

Yahoo! JAPAN



アムロ・レイ リンク集

宇宙世紀0064年(一説によれば0063年11月4日)父テム・レイと母カマリア・レイの一人息子として生まれる。生誕から幼少まで過ごした地域は北アメリカの太平洋沿岸地域の町プリンスルパート(劇場版設定)、あるいは日本の山陰地方(テレビアニメ版設定)、ロサリト(『THE ORIGIN』設定)、旧モンゴリアなどと諸説あり定説を見ない。 幼い頃にカマリアと離別しテム・レイと共に宇宙へ移民した。宇宙のどこで暮らしていたかは定かではないがサイド7への移民が開始されたのは宇宙世紀0078年5月からであるため他のサイドで暮らしていたとするのが通説である。ただし、テム・レイがコロニーの建設現場を見せるために始めからサイド7付近で暮らしていたとする説もある[要出典]。 父が仕事で家を空けることが多いため、自宅では一人で過ごすことが多かった。そのためかコンピューターや機械いじり好きの内向的な少年に育った。サイド7移民後は、隣家に住んでいた少女フラウ・ボゥとその家族によく面倒を見てもらっていた。また、この時期にペットロボットハロを自分で作り上げている。 サイド7には確たる産業はなく、住民のほとんどは移住する代わりに得られるわずかな保証金によって生活していた。アムロは父親の所得が高かったため比較的豊かな生活をしていたが、中学校卒業後は無職であった。

劇中では愛機ガンダムを駆り、多くの強敵たちと渡り合い、ニュータイプとしての覚醒以降その卓越した能力はなお加速し、シリーズを通して超人的な戦績を挙げた。 ただ、アムロはニュータイプとしてはオールドタイプ的感性を持っていることを、監督の富野由悠季は「月刊マガジン」のインタビューで語っている。「カミーユに比べてアムロは学習できないため、オールドタイプとして死んでいくしかない」という部分である。これは、あくまで富野が思い描く「ニュータイプの究極像」であるカミーユと比べての評価であり、同時に富野は『逆襲のシャア』のインタビューで「パイロット最高はアムロ、ニュータイプ能力最高はカミーユ、精神的なメンタリティの強さではジュドーが強い」とも発言している。 『逆襲のシャア』では、劇中の序盤にてMSの性能で劣るリ・ガズィでギュネイを圧倒した。また富野は、劇中では実現してないが「迷いを捨てたシャアは、アムロが気づくこともできず(政治的に暗殺なども含めて)殺せる。しかし、最後にはシャアは負けいく男」とも語っている。その言葉どおり、本作では最終的にシャアはアムロに敗北している。

映像作品では作品ごとに恋人が違っている、また、小説なども加えるとセイラとは肉体関係が濃く描かれており、『ベルトーチカ・チルドレン』ではベルトーチカとの間に子供をもうけてもいる。一つの作品でメディアごとに恋人が違うことがあるので、それが見かけ上の恋人の数に影響しうる(『逆襲のシャア』の恋人は、映画及びアニメージュ版の小説ではチェーン、角川版の小説ではベルトーチカ)。小説版では少年時代からSMに興味があり、自身の性癖を自覚している描写がある(『密会』『ハイ・ストリーマー』)

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Copyright (C) 2010 アムロ・レイ リンク集 All Rights Reserved.

リンク集1 リンク集2 リンク集3 リンク集4